Masatsugu Suzuki
鈴木 昌嗣
Executive Chef

1984年生まれ。
15歳で料理の世界に入り、2005年19歳で渡仏。フランスの一つ星レストラン「レ・ベアティーユ」での 研修後、都内フレンチレストランにて地道な修行を経て、2008年に再渡仏。フランス屈指の星付き レストラン「ステラマリス」や「ジェラール・ベッソン」、「ラ・ペルーズ」、「TOYO」ビストロなどで3年間の経験を積み帰国。帰国後の2013年には、本場フランスにて10年連続でミシュランスターの獲得を誇る本格フレンチ 「KEISUKE MATSUSHIMA」の東京・原宿店である「レストランアイ(現ケイスケマツシマ)」のスーシェフに就任。2015年1月「レガート」のエグゼクティブシェフに就任。2016年3月にL’IGNISのシェフに就任。

Born in 1984.
He started his career at the age of fifteen.Trained in France for three years from 2008 and gained his experience at “Stella Maris”, “Gerard-Besson” and “La Perouse”.
Joined the Harajuku shop of Michelin star restaurant “Keisuke Matsushima” in 2013 as a sous chef.Joined Global-Dining as an Executive Chef of “Legato” in 2015 and became the Executive Chef of the new restaurant”L’IGNIS” in March 2016.